データセンター情報セキュリティ基本方針

 データセンター事業者の社会的責務は、情報社会の健全な発展のために、安全・安心な情報システムの運用環境を提供することです。当社データセンターは、情報セキュリティの重要性を認識し、お客さまの情報資産および当社の情報資産を保護するため、ここに情報セキュリティ基本方針を定め、以下の取り組みを実施します。

1.情報セキュリティポリシー基準

 情報セキュリティの目的、取組み基準、罰則等を文書化した「データセンター情報セキュリティポリシー基準」を策定し、それに従って運用します。



2.情報セキュリティ管理体制

 お客様の情報資産を確実に保護するために、情報セキュリティマネジメントシステムを運用する管理体制を確立します。



3.情報セキュリティ管理規定

 情報セキュリティに関する管理規定を整備し、情報資産を安全確実に管理し、社内外を含め災害、不正アクセス、漏洩、破壊、改竄、なりすましなどの物理的、技術的、人的脅威に対して情報資産の保護に努めます。



4.情報セキュリティ教育・訓練

 情報セキュリティマネジメントシステムを運用するうえで、それに携わる社員およびその他関係者に対して、情報セキュリティへの意識の向上や確実な運用を目的として、定期的な教育や訓練を実施します。



5.法令順守

 情報セキュリティに関する法令やガイドラインを遵守します。



6.継続的改善

 情報セキュリティマネジメントシステムに関する活動が、適切かつ有効的に機能するために、継続的な見直し、改善に努めます。



制定:2004年12月20日

最終改訂:2017年9月13日

株式会社エネルギア・コミュニケーションズ
取締役 通信技術本部長
安田 克彦

 
ウィンドウを閉じる